ベッドだけ安く運んでもらうには?

ベッドのみの引越しが安い業者は、下記サービスでかんたんに見つける事が出来ます。

 

早速、料金をチェックしてみる⇒⇒

無料で最大10社までの料金比較できる引越し価格ガイドです。

 

 

ベッドは引越し荷物の中でも、大物家具になるため、一つだけ運んでもらう場合でも費用は高くついてしまいます。

 

ですので複数社での見積もり比較が必要になってくるんですね。

 

業者によっても、ベッドだけを送れる業者、近場なら安く運べるけど、長距離だと高くついてしまう業者など様々です。

 

それに引越しは、多数の業者で比較すると、安くなっていくという事情もあるので、一括見積もりサービスを積極的に活用してみてください。

 

大手はもちろん、格安業者までも多くが参加しているので思わぬ激安業者を見つける事も可能です。

 

 

 

引越し価格ガイドは相場も分かる一括見積もりサービスです。大手のクロネコやアートなどが参加しており、人気のある無料サービスです。

 

 

 

引越し侍は料金以外にもサービス内容も比較する事が可能です。CMも放送されており、知名度のあるサービスです。

 

 

 

ライフルは赤帽といった格安な運搬業者もエリアにより参加しており、また見積もりが欲しい業者を選べるようになっているので、少しの見積もりで良い場合も役立ちます。

 

 

ご利用は無料です。金額が合わない場合は、依頼する必要はありません。
ベッド以外にも運んで欲しい荷物がある場合も、色んな業者を探すより、同じ業者にまとめて運んでもらう方が節約のためには有効的です。

ベッドの引越し方法もさまざまです。

ベッドを引越しする場合は、業者の運搬方法にもそれぞれ特色があります。
基本的な方法は、運送業者による大型トラックでまとめて運ぶ混載便、引越し業者トラックで運ぶトラック貸し切り便が一般的です。

 

また他にも、鉄道に載せて運ぶコンテナ便、業者の配送後の帰り道に荷物を積んで帰る帰り便という方法まであります。

 

安く運ぶには、その業者が得意としている輸送方法に合わせる事が重要になってきます。

 

どの方法が一番安くなるのかは、引越し時期はいつなのか、長距離なのか短距離なのか、業者は忙しくないのかなどが組み合わさって決まるので一概には言えません。

 

得手不得手が存在するので、様々な業者から見積もりをもらって下さい。業者それぞれに確認して行くのは大変なので一括見積もりをサービスをお勧めしています。

 

・混載便
同じ方面に送る荷物をまとめて大型トラックで配送します。少量の荷物に最適です。

 

・トラック貸し切り便
トラックのサイズ+距離数で料金が変動します。長距離の場合は料金が一番高い輸送方法です。

 

・コンテナ便
荷物をコンテナに詰め変え、鉄道のダイヤに合わせて輸送する方法です。時間は正確で500km以上の長距離引越しには最適です。

 

・帰り便
配送後、空荷で帰るのは燃料と人件費の無駄になりますが、その帰りの道中に荷を積んで帰ります。運送業者が採用しており、家具だけの輸送なら最適です。
荷造りが必要な荷物は基本的に不可。

 

・単身パックではマットレスを運べない
検索される方が多いため念のため記載しておきます。

 

マットレスサイズが大きいため、単身パックの専用ボックスでは入りきらず、運べません。
唯一、日本通運の単身パックXが運べるサイズとなります。

ベッドの引越し準備を確認しておきましょう。

ベッドの引っ越し準備は、解体できる物は解体しますが、引越し業者でも解体組み立てはしてもらえます。(有料・無料があるので事前に確認してください。)
無料の場合は業者にお任せして下さい。ご自身で行っても値引きの対象にはなりません。

 

有料の場合で、そのまま運べない場合は、ネジは全て外して、ビニール袋に入れて段ボールに梱包し記載して下さい。
袋が破れてネジを無くす場合もあるので厳重に保管する事が大切です。

 

もし分解が出来なさそうなパーツがあれば無理にばらすのは辞めましょう。
やっと分解し終わった後のフレームは意外と細くてもろい部分があるので、間違っておらないようにも気をつけたいと思います。

 

また、マットレスは業者が専用の梱包資材で当日に綺麗に荷造りしてくれるのでそのままで大丈夫です。
布団は、布団袋に入れるか圧縮袋に入れておきましょう。引越し業者であれば、布団袋の無料レンタルを行っているところが増えてきているので当日に受け取って下さい。

 

搬出・搬入通路の事前確認も必要です。

 

注意点で、解体出来ない大型ベットは引っ越し先で入らないケースもあります。2階に設置する場合は、階段が通せない可能性があるますので、廊下の幅や曲がり角の幅・高さの確認をメジャーで計測してメモに記載して下さい。

 

もし階段や廊下が狭い為に搬入出来ない場合は、ベッドを設置する部屋の窓を取り外し、搬入する方法もあります。
こちらも同様に上下・幅を計測して下さい。

 

また、マンションのエレベーターに入るベッドのサイズは基本的にはダブルベッドまでです。
キングサイズやクイーンサイズは一般のエレベーターだと入らないことがあります。

 

ダブルベッドであってもエレベーターから出て廊下を通ろうとすると入らないことや、ドアから入れるために回転させられないことなどがあります。

 

サイズに不安がある場合は、契約の際に見積もり担当者の人にベッドの現物を見せて、新居の間取り図なども見せて搬入計画をきちんと立ててもらうようにしましょう。

 

たとえ1階からの搬送が難しくても、2階から業者が吊り作業やクレーンを使って搬入できる場合があります。
クレーンを使ったつり上げ作業が必要になるとオプション費用がかかるので注意してください。
(半日作業で15000円が目安。ほとんどの業者が下請けに発注します。)

 

また、業者は引越し先の立地条件まで確認には行きません。確認に行く場合は、下見料が発生してしまいます。(引越し約款にも詳しく記載されています)

 

せっかく運んでもらったのに、搬入不可では運賃ももったいなく、処分せざるを得なくなったという事もありますので、打ち合わせの段階で確認は怠らないでください。

ベッドの引越し料金の目安を知り、適したプランを慎重に選んで下さい。

ベッドだけを引っ越すときの費用はベッドのサイズと輸送距離によって変わってきます。

 

例えば、同一市内でシングルベッドを引っ越すときには6000円前後が相場となります。
ダブルベッドであれば15000円前後の価格になりますし、さらに大きなサイズになると30000円前後です。

 

もしベッドが二階にありクレーンで搬出したり搬入したりする必要があるなら15000円〜20000円くらいの費用は見ておいた方が良いでしょう。

 

県外などに引っ越すときにはこれらの相場の金額に5000円から10000円くらいを上乗せして考えましょう。
(目安として距離が10km延びるごとに500円加算。高速で1時間の距離が100km、東京⇒大阪間で500kmになるので25000円程度加算となります。)

 

 

単品輸送でも価格が高いように感じるかも知れませんが、ベッドを解体して小さく出来たり軽く出来るならもう少し安くなることもあります。

 

見積もりを見た後に、あまりに引っ越し費用が高くなるので買い換えた方が安いという事があります。
その時は家具屋さんに行って古いベッドの引き取りと新しい家への配送を頼むようにしましょう。

 

 

もし、シングルベッドや折りたたみ式のベッドの場合など小さいサイズであれば、ベッド単体の引っ越しよりも単身引っ越しパックを使った方が安くなることがあります。

 

引越し運賃は、荷物の重量や体積は関係なく、使用するトラックの大きさで決まります。
たとえば、2tトラックに荷物を山盛り積もうが、ベッドを単品で運ぼうが基礎運賃は変わりません。

 

よって、ベッドだけを運ぶのであれば、トラック貸し切りで輸送するのではなく、上記で挙げた混載便などの方法(単身パックもそのうちの一つです。)を選んだ方が安く済む可能性があります。
どこが一番安く運べるかは一概に分かりませんのでトップにある一括見積もりでの比較をお勧めしています。

 

また、単身パックならベッドだけでは無く、それ以外のスペースに他の小物やちょっとしたダンボールやイスなども積み込むことが出来ます。

 

ただし、依頼するベッドが特殊なベッド(電動ベッドや医療用ベッド)の場合は慎重に引っ越し方法を考えましょう。
見積料金だけを重視するのでは無く、破損などのトラブルがあったときの保証内容も比較検討のポイントにする必要があります。

 

解体から組み立てまで必要になりますので、
前もって担当者に特殊なベッドであることを伝えておいて、安全に運ぶ方法を提案してもらいたいと思います。

 

電動・医療用ベッドはそれほど重量のあるものではありませんので、引越し業者や運送業者でも運搬は可能です。

ベッドのみを送る場合に適したサービスがある大手業者を紹介

ベッドのみの引越しであれば、どういった業者にどのようなサービスがあるのか、また適しているのかをここでは紹介して行きます。
サービス内容から費用の目安、オプションサービスなどを各社ごとに細かく掲載しますので、参考にして下さい。

 

クロネコヤマトの大型家具・家電配送(らくらく家財宅急便)

 

ベッドだけを引っ越ししたいときにはクロネコヤマトの大型家具・家電配送(らくらく家財宅急便)のサービスが最適です。
このサービスは家具を梱包して輸送してくれる便利なサービスとなっています。

 

また、通常の宅急便の家具版がイメージで、荷物を取りに来て届けてくれるまでの日数が短いのが特徴です。
事前に予約をしておくなら翌日には取りに来てくれ、配送してくれます。

 

しかも丁寧に梱包を搬出の時にしてくれますし、搬入後には梱包資材を外して処分もしてくれます。
きちんと希望の場所にまでベッドを設置してくれるので助かります。

 

ベッドは大きいものなので個人で梱包しようとすると、それだけで大仕事です。
搬出も家を傷つけないようにするにはかなりの技術が必要ですが、クロネコヤマトの場合はすべてお任せでやってくれます。

 

 

ベッドのみの引越しが安い業者はどこ?配達の時間指定も4区分で出来ますので、忙しい予定の中でもベッドの引っ越しが可能です。
可能な時間指定午前中かお昼の12時から午後3時、そして3時から夕方の6時、さらに6時から夜の9時までの4区分です。
日中は仕事をしているときなど夜の9時まで配達時間が指定できるのは助かります。

 

 

もし分解できるベッドであればオプションサービスでベッドの分解や組み立てもしてくれます。(費用は3000円ほどです。)
新しく買ったばかりのベッドなどで組み立てが必要なときは重宝するサービスです。

 

 

ベッドのみの引越しが安い業者はどこ?運送料金はベッドのサイズごとに違っており、ベッドの高さと幅、そして奥行きの3辺の合計を合わせたサイズで区分分けされています。
例えば、シングルベッドだと一般的に3辺が300cm程度になるので中間のランクになりますし、クイーンズサイズだと450cm程度になり最大のランクに分類されます。

 

 

費用の目安は同県内で10000円〜20000円、県外輸送になると30000円〜50000円と大きく異なってきます。
サイズの区分分けに加えて移動距離によっても費用は変わってきます。

 

保険は一般家財保険が掛けられますので、ベッドが破損したときなどは時価相当の補償を受けることが出来ます。
保険料は50円なので必ず入っておくのが良いでしょう。

 

 

佐川急便(SGムービング)の単品プランサービス

 

佐川急便の引越し部門となるSGムービングにも、ベッドのみを送る場合に適したプランが単品プランです。
(佐川急便にも家具輸送プランがありますが、こちらは法人のみの契約となっております。)

 

 

このプランは小さな引越し時や、使わなくなったベッドを実家や友人の家に送ったり、ベッド以外の荷物は自分で車を使って運んだりするときに利用できます。
(こちらのプランは引越し以外でも、オークションなど落札者に荷物を送る場合でもご利用可能です。)

 

 

プラン内容は佐川引っ越し(SGムービング)のスタッフが梱包から搬出、そして輸送をすべてしてくれます。
資材には、再生紙を利用したダンボールを使ったり、再利用が可能な梱包資材を使用したりとエコに配慮した資材を使用しています。

 

 

費用はベッドのサイズや重量、そして移動距離によって変わってきますが、詳しい料金は掲載されておらず見積もりを取らないと分かりません。

 

 

また、他社にはない独自サービスとして、引っ越しの際の保証サービスは追加料金を払うと延長保証サービスを受けることが出来ます。
保証期間が2年(最大で7年)になったり、故障したときに直す際の往復の送料が無料になったりするメリットがあります。

 

 

SGムービングはスタッフ全員が教育研修をしっかり受けていますので、評判の良い業者です。

 

依頼主のニーズに合わせた柔軟な輸送を行ったり、可能な範囲で依頼主の要望に応えてくれます。
豊富な引っ越し経験がありますので、ベッドという重くて大きな荷物でもあらゆる形状の家屋から搬出できますし、安全に搬入をすることが出来る技術力の高さがあります。

 

 

まだまだ、各業者にはネットには載っていないサービスや格安プランがありますので、topにある一括見積もりで各社の比較をされる事をお勧めします。

ベッドを自力で運ぶにはどんな事が必要ですか?

ベッドに輸送費用をかけたくない!そこで自力で運んでみようという方は、こちらにある運び方や必要な道具、またレンタカーのサイズを細かく記載していますので参照して下さい。

 

 

まず、最初にやる事として、ベッドは可能な限り分解をしておくことで運びやすくなります。

 

ベッドマットとフレームを分けるだけでは無く、フレームに引き出しなどが付いているなら事前に外しておくと良いでしょう。

 

ベッドの足なども床や壁を傷つける危険があるので外しておきたいと思います。
出来るだけ小さくしておくとドアや廊下などの狭い場所でも持ち運びがしやすくなります。

 

 

ベッドマットもフレームも意外に重いので運ぶときには軍手をつけるようにしましょう。
手が滑らないように滑り止めが付いている軍手を使うことをおすすめします。

 

運搬の際に階段を使ったりするとかなりの重量がかかってきますが、滑り止めが付いているなら楽にベッドを抱えられます。

 

 

また、細かい点として注意したいのは運ぶときに履く靴です。

 

すぐに脱ぎ着が出来るスニーカーやサンダルが良いでしょう。

 

家の中からトラックのある外まで出たり入ったりしますが、その時に両手が塞がっているのですぐに脱いだり履いたり出来るものが重宝します。

 

 

 

ドアから出すときは階段を通るときに壁を傷つけてしまわないように、床や壁には事前に養生をしておきましょう。

 

ベッドの角張っている部分にはクッションをつけておき、ぶつかっても傷が付きにくいような対策をしておくと良いでしょう。

 

 

 

トラックに載せた後も揺れてベッド自体が痛んでしまわないようにタイラップやタイダウン、またはロープを使いきちんと固定してください。

 

 

ここで、ベッドの移動の際に役立つ梱包資材や道具を一覧で記します。

 

  • 滑り止め付きの軍手や、脱ぎ履きのしやすい靴
  • ベッドの移動の際に役立つ梱包資材は、固定に役立つタイラップ、タイダウンベルト(荷締め固定ベルト)、またはロープ
  • そして養生やクッションに使えるダンボール、古毛布、
  • トラックに積むのなら、荷物の上にビニールシートをかけておくと安心です。
  • もしベッドマットを汚したくなければ捨てるようなシーツでくるんだり、大きな袋を切ってカバーをしたりしておきましょう。

 

 

レンタカーのサイズは1.5トン車であれば十分ですが、ダブル以上の大きめのサイズのベッドの場合には2トン車が必要になることもあるでしょう。

 

もしシングルベッドのシンプルなフレームのタイプで細かく分解できるなら軽トラックやバンでも運ぶことが可能です。

 

これらのポイントに注意しながらベッドを安全に運んでください。

ベッドの処分ってどうすればいいの?処分の仕方や回収方法。

ベットの運送費用が高く付き、引越し先で購入した方が安かったというケースも考えられます。
ここでは、ベッドの処分方法や費用について掲載して行きます。

 

 

まず、基本的な処分方法として、ベッドを自分で分解して燃えないゴミとして捨てる方法があります。

 

 

 

もしベッドマットがエアマットやウォーターマットなら、まずはマットレスの中の空気や水を抜くようにしましょう。

 

そのままではゴミとして捨てることが出来ないので、マットレスの中身を空にする必要があります。

 

 

 

マットレスがスプリングタイプの場合は、中のスプリングを取り出さなくてはなりません。

 

はさみとペンチを用意して、中のバネを切って細かくし、袋に入れていきましょう。

 

気をつけないと手を切ることがあるので、軍手をはめたり長袖の洋服を着て作業をしてください。

 

 

 

ベッドフレームが木製の場合はのこぎりなどで細かく切るようにしましょう。

 

もしベッドフレームが鉄やアルミなら棒ヤスリか金ノコを用意したいと思います。

 

フレームのつなぎ目の当たりが切断しやすいので、その部分から切って細かなパーツに分けていきましょう。

 

 

 

小さなパーツにベッドを分けれなかった場合は粗大ゴミとして処分することが出来ます。

 

マットレス一つくらいなら自治体にもよりますが1000円前後で回収してもらえます。

 

事前に自治体にマットレスやベッドの大きさを伝えて、処分できるかどうかを尋ねてください。

 

回収が可能であれば市役所などで粗大ゴミ用のシールを購入し、粗大ゴミの収集日にベッドを出しておきましょう。

 

※自治体によるゴミの処分方法は異なる事がありますので、お住まいの区・市役所にお尋ねください。

 

 

また、時間をかけずに手っ取り早く済ますには、不用品を回収する業者にベッドを持っていってもらうのも簡単な処分方法です。

 

回収を依頼すると比較的すぐに見積もりに来てくれ、その場でベッドを持って行ってくれることがあります。

 

一般的な回収費用は8000円前後となっていますが、業者によってはさらに高い費用を言ってくることがありますので気をつけてください。

 

 

場合によってはリサイクルショップで売ったり引っ越し業者に引き取ってもらったりした方が安くなります。

 

ブランド品のベッドであれば、インターネットで買取を行っている会社も御座います。

 

いくつかの業者に電話でベッドの大きさを伝えて大体の見積もりを取り、条件に合う業者を探して下さい。